1. HOME
  2. 特集
  3. 合宿免許が安い時期はいつ?

SPECIAL

特集

合宿免許が安い時期はいつ?

合宿免許の安い時期はいつ?

合宿免許は時期によって価格が変動することで知られていますが、5~7月の中旬、10~12月までは閑散期で安くなります。

一方、繁忙期は1~4月、7月下旬~9月中旬で、この時期は価格が上昇しますが、特に3月頃は最も価格が上がります。

時期によって価格が変動する理由は、合宿免許を取る人達のほとんどが大学生で、大学の夏休みや春休みに集中するからです。

一方、大学の授業が行われている期間は合宿免許に参加する人がほとんどいませんので、閑散期になり価格が下がります。

繁忙期と閑散期でどのくらいの差が出るの?

では、繁忙期と閑散期でどのくらいの差が出るのか調べてみたいと思います。

例えば、秋田県のある自動車教習所の普通車AT・個室・3食付きコース場合、3月の第2週に入学すると消費税込みで346,500円ですが、5月の第2週入学だと税込みで253,000円まで下がります。

また、夏休みになると再び上昇して、8月の第2週入学で338,800円ですが、9月の第4週入学だと269,500円まで下がります。

そのほかに、価格が安いことで有名な宮崎県のある自動車学校だと、同じく普通車AT・個室・朝食なしコースで、3月の第2週の入学で292,600円、4月の第2週の入学で、243,100円、8月の第2週入学で309,100円、9月の第4週の入学で243,100円となっています。

ちなみに、普通車MTだとこれらの価格より約2万円価格が高くなりますが、これはMT車は技能教習の時間が3時間多いためです。

このように、繁忙期ではほとんどの教習所で価格は30万円以上になり、地域差はあまりありませんが、閑散期になると地域によって価格差が出ているようです。

個室・相部屋、3食付き・自炊など様々なコースがありますので一概には決められませんが、閑散期と繁忙期では7~9万円の価格差があることが分かります。

合宿免許で安く済ます方法

合宿免許で安く済ませる方法として一番のおすすめは、繁忙期を避けて閑散期に申し込むことです。

大学生の夏休みや春休みの時期になると混み合いますので価格が上がりますが、それ以外の時期なら比較的空いており価格が下がりますので、この時期を狙いましょう。

さらに、地域によっても価格の開きがあり、東北や九州などの都市部から離れているエリアでは安くなります。

例えば、山形県のある教習所の場合、5月の第2週入学でツインルーム・自炊を選ぶと199,100円のコースがあります。

このように、閑散期だとツイン・トリプルで自炊を選ぶと20万円を切るコースは意外とたくさん見つかります。

大学3~4年生になると大学に通う回数も減ってきますので、学期中でも2週間くらいの時間を作ることができるという人も多いと思いますが、そうした人は閑散期の地方の教習所を利用するプランを利用することをおすすめします。

でも、大学1~2年生の方はほぼ毎日大学に通うことが多く、閑散期に合宿免許に参加するのは難しいと思います。

こうした場合、3月下旬や9月の下旬など、春休みや夏休みが終わるギリギリの時期を狙うことをおすすめします。

この時期は閑散期ほどではありませんが、価格が下がり始めますので、繁忙期と比べると少し割安です。

先ほど紹介した秋田県のある自動車学校の場合、3月の第4週入学で260,700円、9月の第3週入学で269,500円となっており少し安くなります。

そのほかには、数名で申し込むと安くなる団体割引や、早めに予約すると安くなる早割などを利用することも出来ます。

友人と一緒に早めにスケジュールを決めて予約をしておくと、最大で10,000円くらい安くなることもありますので、事前にしっかりリサーチしておきましょう。

また、MTを取得する予定の人も、安く済ませたいならAT限定で取得することをおすすめします。

ATの免許を取得してから、AT限定を解除することはいつでも可能で、教習所に3~5日通い、4~6時間の技能教習を受けることで解除できます。

まとめ

以上、合宿免許を済ませる方法などについて紹介してきました。

繁忙期の場合、どの地域でもほとんどの教習所で、価格は30万円を超えてしまいますが、閑散期だとほとんどの教習所で25万円以下で参加することが出来ます。

また、都市部から離れた地域で、ツインやトリプルなどの相部屋を利用して、食事も自炊プランにすると20万円以下のコースも意外とたくさん見つかります。

そのほかにも、学生割引や団体割引、早割などを活用すると最大で1万円くらい割安になることもあります。

合宿免許が安くなる時期や、少しでも安く抑える方法を紹介してきましたが、閑散期を狙うのがベストあることは間違いなさそうですが、繁忙期でも安く抑える方法はいくつかありますので、参考にしてみてください。