1. HOME
  2. ブログ
  3. 合宿免許の費用はどのくらいかかる?

合宿免許の費用はどのくらいかかる?

合宿免許の相場は?

合宿免許は通学免許よりも短期間の内に安く免許を取得できるメリットがありますが、普通免許のAT車の場合、取得にかかる期間は最短で14~5日で、相場は22~32万円で、これよりも安いプラン・高いプランが存在しています。

合宿免許は取得する免許の種類のほかにも、一人部屋か相部屋か、食事付きかなしか、仮免許学科試験手数料や追加講習費が含まれているか否かなど、様々なプランがあります。

運転免許を取得する人達の多くは大学生ですので、大学が休みになる2~3月は28~32万円、7月中頃~9月中頃は25~28万円になりますが、それ以外の時期では22~24万円くらいまで下がります。

また、合宿が行われる地域によっても価格が異なり、北海道や東北、九州などはそれ以外の地域に比べると割安傾向で、閑散期だと10万円台で参加できるプランもたくさんありますが、2~3月・7月中旬~9月中旬は価格の地域差はほとんどありません。

そして、追加で技能教習を受けたときや、一度で仮免許学科試験に合格できなかったとき、それに伴って宿泊の日数が伸びるときがあります。

このようなときに、教習や学科試験の追加費用や宿泊の費用など卒業まで保証されるプランと、追加分は自分で支払うプランなどがあります。

多くのプランは年齢で保証の範囲が異なっており、若い人は卒業まで、30代以上だと追加費用が必要なプランもありますので、事前にしっかり確認しましょう。

そのほかには、準備される宿泊施設が、ビジネスホテルの個室や相部屋など様々なプランが用意されていたり、食事も3食提供されたり自炊だったり、洗濯機が無料で使えたり有料だったり様々です。

女性で友人と参加する人やアレルギーなどがあるという人は、安く済む自炊の方がおすすめだと思います。

このように合宿免許には様々なプランがあり、10万円台で免許を取得することも可能です。

合宿費用を抑えるポイント

合宿免許は地域によっても価格が異なりますので、安く抑えたい人は割安な東北や九州などの教習所を選ぶのが良いと思います。

それ以外の都道府県でも、交通の便が悪いエリアでは割安になる傾向がありますので、とにかく安く免許を取得したい人は探してみてください。

しかし、自宅から教習所までの交通費は自分で支払うプランが多いので、交通の便が悪い地域はむしろ割高になってしまうこともありますので、注意が必要です。

次に合宿に参加する時期ですが、大学の春休みや夏休みの時期になると、地域にあまり関係なく価格が上昇しますが、閑散期になると参加する人の一が急激に下がりますので、価格が下がります。

大学1・2年生の方は春休みや夏休みしか参加することが難しいと思いますが、3・4年生になると少し時間が出来てきて、閑散期でも参加出来る人もいると思います。

閑散期になると様々なキャンペーンが行われ、低下よりさらに割安で参加できることがありますので、こうした時期を狙うのもおすすめだと思います。

また、9月の中旬~下旬になると少し価格が下がってきますので大学1・2年生の方たちも、夏休みの終わりの時期を狙うのも良いかもしれません。

さらに、割引も様々なもの用意されており、これらを最大限有効活用すると割安になります。

例えば、グループで申し込むと少し安くなったり、学生割引が適用されたり、事前に申し込む早割を使えたり色々あります。

特に、早割は1万円くらいの割引が適用されることもありますので、友人などと一緒に早めに計画を立てて予約するのが良いと思います。

そのほかにも、教習所までの交通費をある程度補助してくれるプランなどもありますので、これらを有効活用してみましょう。

まとめ

以上、合宿免許の費用について紹介してみました。

普通免許をAT車で取得する場の場合、合宿免許は14~15日で卒業できて、価格は22~32万円が一般的です。

通学免許だと最短で卒業まで約1ヶ月かかり、費用も約30万円ですので、宿泊費用込みの合宿免許は割安です。

また、大学が休みになる2~3月や7月中頃~9月中頃は価格が高くなりますが、早割や学割、グループ割りなどがありますので、これらを有効活用して安く参加することが出来ます。

そして、閑散期になると特に東北や九州の教習所では価格が下がる傾向がありますので、交通の便が悪くても良い人は参考にしてみて下さい。

そのほかには、相部屋やビジネスホテルの一人部屋、3食付きや自炊など様々なプランが用意されています。

一人で参加する人は一人部屋の方が安心ですが、友人と一緒に参加する場合は相部屋でも問題ありませんし、仲間と一緒に食事をして楽しく過ごすのも良いと思います。

合宿免許は短期間の内に集中的に教習を受けられて、安く免許を取得できるというメリットがありますが、使い方次第ではさらに安く参加することも可能ですので、ぜひとも参考にしてみてください。

自分に合った合宿免許を探すなら「合宿免許ムーチョ!」

関連記事